1. 無料アクセス解析
拍手する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

考察的には、「狂言殺人計画失敗説」で確定。

 あまり詳しくは知らないけど漫画版も、「EP7裏お茶会+真相は全て語らず」と「幸せな六軒島、魔法エンド展開」の並列進行っぽいし、その2つを作者が並列に並べたい理由が何かを考えると、個人的には真相はこれ系に絞られると思う。

 共通のわかりやすい敵(殺人犯ベアトリーチェ)を作って、バラバラの右代宮家を1つにする。
 それが、ベアトリーチェの狂言殺人計画の1つ目の核。
 幻想描写の濃いEP2、4、6の偶数EP3作の展開が、どれも漫画っぽい展開である事から、朱志香ベアトは漫画好き。
 だから、今までお互い敵だった者同士が、共通の敵の出現により一時休戦し、力を合わせて共通の敵をやっつけるような展開を思いついてもおかしくない。

 真里亞の「人間の犯人はいない。犯人は魔女だよ」主張の理由は、そもそも人間同士疑いあわれたら、計画が台無しになるから。
 儀式の後に、失った命や絆を取り戻せるというのは、狂言殺人計画が成功した時の青写真。
 この説だと、偶数回の幻想パート。特に、EP2楼座無双、EP4ボクサー界蔵臼の2つが、輝いてくる。
 
 縁寿のいる未来パートの様子から、狂言殺人計画の失敗は確定。
 右代宮内を団結させるための計画が、疑心暗鬼を生み、本当の殺人事件を招いてしまった。
 
 その結果が、EP4終盤の自暴自棄ベアトリーチェと、EP5の抜け殻ベアトリーチェ。
 EP5で、「元から、黄金はベアトの物」「怨恨殺人でもない」とあるのは、人が死なない(はずだった狂言の)殺人計画だから。 
 EP6の第一の晩で、探偵ヱリカが「死んだふりをした人」をわざわざ殺し直して、本当の死人にしてしまった事は、実際に六軒島で起きた事そのまま。

 EP6の第一の晩といえば面白いのが、GM戦人が「死んだふり」の対象に自分を含めたシーン。
 実は、自分がベアトを朱志香一本に絞った理由は、EP6のこのシーンが主因だったりする。

 「私が死んだときに、親は泣いてくれるんだろうか?」という不安、それが事件当日朱志香ベアトが狂言殺人を計画した理由の2つ目の核。
 朱志香の不安の理由は、親にいつも譲治と比較されてばかりで、本当に自分が愛されてるか不安だったというもの。

 「親が泣いてくれたなら、きっとそれは愛されている証拠」
 親の愛。特に、夏妃からの愛を確かめたかったんだろうな。
 
 EP7,8のラスト2つで「魔法」「手品」ルートに分かれたのも、狂言殺人計画青写真と、失敗後の世界の対比。
「魔法」ルートが、本来の計画成功後の未来ならば、真実でないのは当たり前。 
でも、「手品」ルートの方で、右代宮家がボロ糞に悪く言われているのも、全て真実というわけではない。
 
 そもそも、EP7お茶会やEP8中盤の黒ヤギたちの言葉が真実なら、朱志香ベアトが「狂言殺人計画」で、右代宮内の団結を深めたいと考えたり、親の愛を確かめたいという発想にすら至らない。
 少しは、親たちに信じられる要素があったからこそ、「狂言殺人」という思い切った行動に出たんじゃないかと思う。
 
 ただ、「狂言殺人」が疑心暗鬼を生んで、本当の殺人事件が起きてしまったのは、あまりに最悪の結果すぎる。
 おまけに、元々右代宮と敵対していた人たちに、右代宮攻撃のいい口実を与えてしまった。
 EP3の譲治や秀吉、EP5の夏妃や蔵臼、EP7の留弗夫、霧江は、敵対勢力が言いふらした嘘がかなり混じっているように見える。
  この人たちが本当に悪人だったら、「狂言殺人」動機の核1(共通の敵を前に仲直り)、核2(愛情を確かめる)の2つが生まれるはずがないし、メタ的な事を言うと、作中の6割以上の幻想描写が無意味になる。

 「出る杭は打たれる」ことわざの通り、金蔵の剛腕は右代宮に繁栄とともに、大量の敵を作りすぎた。
 金蔵が病んだのも、周囲に敵が増えたのが原因。

 ただ、金蔵の「ベアトリーチェ~~~(涙)」は、かなり演技混じってる。
 右代宮金蔵「私が、実在しない二次元の嫁に熱を上げる理由は何だと思う? お前らが、私に優しくしてくれないから……うえ~ん、金蔵泣いちゃう~~~。」
 朱志香ベアト「今まで恐ろしい爺さんだと思ってたのに、ただの寂しがりやのお年寄りじゃないか。」 
 真里亞「うー! 2人とも、また遊びに来たよー♪」
 楼座(遠くで)「どうすれば、叱られずに上手くお金を借りられるのか・・・・・・ハラハラドキドキ」

 ここまで書いて、いつの間にかベアトリーチェが前作の羽入ポジション、朱志香が魅音ポジションに収まっていることに気づいた。
 あと、何年かブランクが空けときながら、2年前から考察がちょうど、この場所で止まったまま。

 オリスクの方の朱志香犯人説の1~7で性獣金蔵、多重人格朱志香、ぼっち朱志香、7つめのハチャメチャ展開(ドラッグ説とか)を、8~10で、悪留弗夫説を一度出して、解でそれを物語の中で否定させ、狂言殺人説に自然に続けるのが当初のプランだったけど、戦人が酷い情報不足で謎の人物化しているせいで物語が自然に続けられず、今日こうして妥協して、狂言殺人説の考察部分だけをブログにアップした。 情けない話だけど。

 長男一家、長女一家と真里亞、金蔵、熊沢、紗音、サクヒナリン辺りまではと、1エピソード作れるネタが揃ってるのになぁ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ5

Author:パンダ5
笹の葉を食う頃に礼にようこそ!
現在、朱志香犯人説解を作成中。ベアト理御=朱志香=うみねこのなく頃に原作者、狂言殺人事件説とその動機は「マスゴミにバラバラにされた信頼関係」というラインで考えています。
このブログはリンクフリーです。
リンクを貼った時は、報告をいただけると、励みになります。
その際、相互リンクの申し込みも可です。
ツイッターでも、いろいろ絡んでくれると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
FC2カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

焼き八目鰻屋

Smooch!

2月14日の負け組

ネムリネズミは夢を見る

メロンダイアリー

工房は一畳半

ゲーム作るよ。

〇〇〇〇のなく頃に ひぐらし・うみねこ 日記 

ヲタクで自転車乗りで絵描きな日常

ヲシダ雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
今、自分も参加中の、右代宮真里亞同盟 @うみねこ関係のリンク
1:うみねこ関係のコミュニティサイト
航海者の羅針盤
うみねこ公式掲示板亡き今もなお、うみねこの話をしたい有志によって立ち上げられたコミュニティサイトです。
オリスクアップロード掲示板に、六軒島オンラインに、色々とコンテンツが充実しつつあるようです。
2:うみねこ関係の個人サイト リンク

ニコ生で配信をやってる〇〇〇に1票!さんのブログ。原作や漫画、CS版のみならず、ドラマCD、同人、アンソロなど、あらゆる媒体で出た作品も一通り網羅されているみたいです。

うみひぐ好きの管理人雛沢 瑠璃さんが経営するgdgdイラストカフェ
イラストのジャンルは ひぐらし・うみねこ・ボカロなどです。
ヲタクで自転車乗りで絵描きな日常(相互)
自転車好きで、うみねこのイラストを描くのも好きなちみちみーさんのブログです。他にもlixAxilを弄ってみた動画をyoutubeに上げてます。
そらのむこう(相互)
オリスク作者湖都さんのブログ。作品は、長編「そらのむこう」を中心に縁寿オリスク中心。彼岸花オリスクもスタート! オリスク掲示板の管理人もやっておられます。
ルチえもん漂流記(相互)
オリスク作者ドルチェさんのブログ。
「絵羽叔母さんと縁寿ちゃんの仲直り記念日」の人です。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。